ページトップへ

不動産コンサルティング事例

Vol.02 「相続農地の維持管理の悩み」編

農地を相続したが、会社員で休みも少なくて面倒を見られない・・・
 すると近所や役所から文句が殺到!!

親父がせっせと世話をしてきた先祖代々の田んぼ。

急に相続することになったが、自分は農業経験ほとんどゼロだし、会社勤めじゃ面倒をみられるわけもない。

仕方がないと空地にしておいたら「雑草の種が飛ぶ」「物騒だ」と、近所から非難ごうごう。消防署にも注意された。困った!!

 よくある解決策としては...

「これはもう思い切って売却するのが一番ですよ」と言われる業者もいます。

 

 ⇒ご近所の農作業の邪魔にならないコンパクトな賃貸住宅を建てませんか?

    ナットク!!解決のポイントは…
●100坪の敷地にゆったり1棟3戸のメゾネット賃貸住宅を建築。
●会社員ではできなかった農地の管理問題もクリアして、収入アップ。
●専門家のアドバイスで農地転用もスムーズに解決。
●近隣の農家へも、これで迷惑をかけずにすむ。
●小規模だから周囲への日照もさえぎらない。
●ファミリータイプだから夜間の騒音・クレームもない。
      

安心堅実な賃貸経営 ザ・借家商品ラインナップ 資料請求はこちらから