ページトップへ

不動産コンサルティング事例

Vol.01 「ガラ空きの駐車場救出」編

 突然、駐車場がガラ空きに!

  これじゃ税金でツブれちゃう!!

 

10台中、6台分が空き状態。もうすぐ返還される隣の借地も、駐車場にするつもりだったのに、これじゃ25台規模に広げても、ガラ空き?

固定資産税で、26万円の赤字は痛すぎる! 土地のおかげで家計が苦しいなんて!

 

よくある解決策としては...

「駐車場をやめて賃貸住宅を建てれば、節税バッチリですよ~」と言われる業者もいます。

 

 駐車場は活かしたまま、土地を区切り、最小限の賃貸住宅を上手に建てませんか?

     

●170坪の敷地に1棟3戸の賃貸住宅を建築。投資額は最小限。

●敷地を新たに分筆して、銀行への担保は賃貸住宅用敷地のみとする。
●つまり担保外の土地は、ご子息の自宅用地や売地として活用できる。
 ●いまの駐車場契約者にも迷惑をかけずに済む。
 

●もちろん大きく節税。   

固定資産税を下げるには 安全堅実な賃貸経営  資料請求はこちら