ページトップへ

不動産コンサルティング事例

Vol.10 「危険な古借家問題」編

 古い借家が6軒あるが、半分は空き家

しかも1年以上の家賃滞納者も……

 築40年の古い借家が6軒。ボロボロだから入居者も半分。
 しかも1軒は1年以上も家賃を滞納している。
 昔からの入居者なので退去勧告もしにくいが収入にならない。何よりこのままじゃ古くて危ない!!
 
 
  
 
 
 万一事故が起きると、土地の価値も下がるし、信用問題だし...
 取り壊したいが……高齢入居者への退去交渉は、気が重い。
     古借家は大リスク!               
     1 せめて補修したいが現状では    さらに、      
     その費用も出ない ●高齢の入居者に、退去交渉はやりづらい。         
    2 もし瓦でも落ちて通行人にケガを        ●何度か話をしてみたが理屈が通じない。         
     させたら、大家である私の責任。       ●あげく泣かれるので困ってしまう。         
    3 高い保障のある保険に入りたいが 、 ●家賃滞納者も40年来の入居者。       
    その資金もない。        独居老人なので、なかなか強く出られない。         
  ⇒トラブルなし! ストレスなし! 

交渉も解決も引き受けますよ。

       ナットク!!解決のポイントは…
●入居者への退去交渉も任せてストレスなし
●1棟4戸のメゾネット賃貸住宅を建築。
●事故の心配もすっきり消えた。
入居率の高いメゾネットだから将来も安心。
収入は約2.5倍にアップ。
  
  

メゾネットとは ザ・借家商品ラインナップ 資料請求はこちらから