ページトップへ

不動産コンサルティング事例

Vol.04 「多額な借金なしで相続税対策」編

 試算してみたら相続税額は約412万円!!
あの土地を手放すしかないのか?

 親父には長生きしてほしいけど、現実も見なければ……と試算してみたら、

相続税総額が412万円!!自分も、妹も、お袋にも、とても払えるわけがない。

将来の財産として残しておきたかったあの土地を、処分しなきゃダメなのか。

           

よくある解決策としては...

9,000万円の借入れでマンションを建てれば一挙解決です!」と言われる業者もいます。
でも、
●9,000万円もの借金は怖い。
●30年返済なら利子総額は約3,000万円(2.0%)!!
⇒考えてみれば相続税以上の出費になる。
●土地の売却もできなくなる。
●このご時世、空室が出そうで不安。
           
 ⇒土地は売らず、多額の借金もなしに相続税を大幅減額する方法がありますよ。  
                                                                                                               ナットク!!解決のポイントは…
●100坪の敷地に1棟3戸のメゾネット賃貸住宅を建築。
●条件のいい道沿い150坪は温存。将来売却もできる。
●投資額は諸費用込みで2,250万円。多額の借入は不要。
●入居率の高いメゾネットだから安定収入も確保。
●そして相続税は総額57万円と9割減。
                                                           

固定資産税を下げるには 業者は言わない賃貸経営の落とし穴 資料請求はこちらから