ページトップへ

イベント予告

  • 東海市モデルルーム
  • 東海市モデルルーム

東海市モデルルーム
日時平成29年12月23日(土)13:30~16:00
場所東海市大田町畑間1番1
ザ・借家昭和区モデルルームです。
内観はDIYをしてあり、賃貸とは思えない仕上がりとなっています。

ページTOP メゾネットとは ザ・借家誕生秘話  お問い合わせはこちらから 

東海市モデルルーム

東海市モデルルーム

 内観写真

画像のalt欄 画像のalt欄 画像のalt欄 画像のalt欄 画像のalt欄 画像のalt欄 画像のalt欄 画像のalt欄 画像のalt欄 画像のalt欄
+画像はクリックして拡大できます


住所:東海市大田町畑間1番1


 

ページTOP メゾネットとは ザ・借家誕生秘話  お問い合わせはこちらから 


メゾネットとは、2階建ての家を横につないだ構造を用いた住まいです。

1世帯で1・2階を使うため、従来の賃貸住宅とは違う生活空間を提供することが可能になりました。

メゾネットの特徴1画像
1・2階あわせて1世帯のため、上下階の騒音トラブルがない。

賃貸住宅におけるトラブル原因の第1位は上下階の騒音問題です。
ひとつの世帯が2フロアを専有するスタイルのため、上下階の騒音問題が発生しません。
賃貸住宅でありながら戸建て感を感じることができます。
騒音問題画像 

 

賃貸住宅で家賃が一定として、もし「遮音性能」「断熱性能」「室内の安全性能」「最新の設備」「内装のリフレッシュ」のいずれかを改善できるとしたら、どこを優先的に改善したいですか?
というアンケート※を実施したところ、入居者様は「遮音性能」の改善を1番に、次いで「断熱性能」挙げられました。

※データ出典・賃貸検討者調査2016 (2016年5~6月・アンケート回収数:810)
(株)リクルート住まいカンパニー調べ

ここからもわかる様に、入居者様は音の問題に大変シビアです。メゾネットはその音の問題を物理的に解決しています。更にザ・借家では防音壁を用い、お隣の音問題も解決しています。第2位となった「断熱性能」ではALCコンクリート外壁を一部モデルにて採用しており、ザ・借家はまさに入居者が求める賃貸住宅となっています。

メゾネットの特徴2画像
供給が少ないメゾネットのため、完成前から満室御礼に

希少価値画像

メゾネットは通常のアパート等とは異なる特殊な建築です。
高いノウハウと手間が必要なため、市場での供給はごくわずかしかありません。
ですが、戸建て感覚で暮らせるとあって入居者人気が高く、完成前から満室となる物件も少なくありません。

 

メゾネットの特徴3画像
希少な人気物件のため、駅から離れた立地でも高入居率を維持

メゾネットは建てる場所を選びません。
物件自体に希少価値があり、駅から離れた立地でも十分な需要が見込めます。
従来の賃貸住宅では、駅からのアクセスが良くないと入居が決まりにくいことがありました。
それは単身者を前提とした入居ターゲットにしていたからでもあります。
「私の土地は駅から離れているから、活用しても入居がつくか心配」といった方でも大丈夫です。
ファミリー層から見た時には、閑静な立地はむしろ大きなアピールポイントにもなります。
 入居率画像

 

メゾネットの特徴4画像
ファミリー層中心の入居者のため、空室リスクも低減

 ファミリー層イメージ画像
メゾネットの主な入居者は、新婚さんや子育て中のファミリー層です。
通常の賃貸に多い単身者層と比較した時に、入居期間も長いため、空室発生のリスクは格段に低くなります。
そのため、安定した長期収入を見込むことも可能となります。

 

メゾネットの特徴5画像
木造建築のため、投資額が少なく短期償却が可能に

木造賃貸は、鉄筋やRC造の建物と比較し、リーズナブルな価格で建築できます。
また、償却期間も短いため、より有利な条件での賃貸経営が実現可能になります。
木造償却期間:22年
RC造償却期間:47年
全額借り入れで建築した場合でも、十分な利益を得ることができます。
 木造とRC比較画像

 

 


なぜメゾネットは人気なのか

いま賃貸住宅の5戸に1戸が空室です。

賃貸住宅空室状況
賃貸住宅空室状況2

賃貸住宅を建てたのに、フタを開けてみれば入居が決まらないというケースが増えています。

 


賃貸住宅のトラブル第1位は「上下階の音」問題です。

上下階音問題1 上下階音問題2

生活騒音などのストレスから短期間で退去してしまう人も。これも空室原因のひとつです。

 


メゾネット賃貸は戸建て感覚。騒音問題もありません。

メゾネット賃貸を選ぶ理由は?

騒音が気にならないことが、選択理由のトップです。

 


またメゾネット賃貸は供給不足。賃貸住宅の中で2.1%です。

賃貸住宅におけるメゾネット賃貸の割合

戸数優先の風潮が強かったため、賃貸市場にはワンルーム型が増えてしまいました。 

 


メゾネット賃貸の高い入居実績をご覧ください。

メゾネット賃貸の入居率比較

たとえば春日井エリアでは506戸中で空室が9戸。理想的な入居状態です。

 


アパートマンションは現在飽和状態です。
そのため空室率も高く、新築でない限り即入居者が決まることが少ないのが現状です。
メゾネットは物件数が少ないにも関わらず、賃貸住宅でありながら戸建ての様に住めることから、入居者が決まり易く空室に悩む心配も少なくて済みます。
従来の賃貸住宅は集合住宅であり、窮屈な生活を強いられることがありましたが、ザ・借家では戸建ての様な生活が可能で、暮らしを楽しむことができます。
大きな違いは間取りと実物件数だけではなく、入居者の声から誕生し、安心安全な賃貸経営を出来ることを考えて出来た賃貸住宅であることが人気の理由です。 

入居者様の声

だからザ・借家を選びました!画像

まるで普通の一戸建て住宅。

たくさんの友人が集まるパーティーも余裕です。

 

入居者様画像

今回ご紹介するファミリー画像

Fさんファミリー

もうすぐ生まれてくる子供との新生活を楽しみにしています。
Fさんファミリー間取り画像

●「この機会を逃したら絶対後悔する!」彼女の情熱でスピード契約

LDK画像
扉や柱の色に併せて、冷蔵庫までダークブラウンで揃えたスタイリッシュなLDK。
お二人で話し合った結果、あえてダイニングテーブルは置かず、すっきり&ゆったりした空間づくりをしています。

結婚が決まった時にはもうおなかに子どもがいたので、できるだけ早く引越しをしようと、すぐに賃貸探しを始めました。お店でこの家の情報を聞き興味をひかれたのですが、間取り図だけではわからないので、まず自分たちで現地を見に行くことに。ちょうどここで内覧会をやっていたので、なりゆきで下見をすることになりました。すごく広くてきれいでしたし、上下階に他人がいないというのも良かったですね。ダークブラウン基調のデザインも好みで、すっかり気に入ってしまいました。彼は慎重派なのですが、「ここしかないでしょう!」と強く説得して、契約することにしました。

●ストレス無く過ごせるのは大事。普通の家に住んでいる感覚です。

妊娠中ではありましたが、階段の上り下りも意外と平気。洗濯ものを持って上がるのはちょっと大変ですが、普段はぜんぜん気にしていません。やはり上下階に他人がすんでいないのはいいですね。アパートというより普通の家に住んでいる感じで、落ち着いて生活できます。ストレスなく過ごせるというのは大事だと、改めて実感していますよ。賃貸は狭いものというイメージがありましたが、間取りにも余裕が。収納も大きくて2階には大型クローゼット、1階には床下収納があり、重宝しています。また環境も静かで、近くには公園があってちょうどいい散歩コースになっているんです。

Fさんファミリー奥様画像
料理は日々勉強中。少しずつレパートリーを増やしているという奥さま。広くて使いやすいキッチンがお気に入りです。便利な床下収納には、飲み物や調味料、ティッシュなどの買い置きをしまっています。

●友人が10人集まっても大丈夫。住み心地は100点満点です。

Fさんファミリー画像
趣味があうので買い物でもめることはないとか。
クローゼット画像
2階洋室の大型クローゼット。二人分の洋服と小物類はすべて収まっています。

 

ゆったりしているから、友達が遊びに来ても安心。10人ぐらい一度にやってきたこともありましたが、全員リビングで過ごして食事もして、まだ余裕がありました。友人にも「広いね」と感心されました。ダイニングテーブルを置こうという話もあったんですが、やめて正解でした。2階は北側を寝室に、南側にはチャイルドシートやベビー用品などの荷物置き場になっていて、とてもお見せできません(笑)。二人とも仕事をしているので整理する時間がないんですが、友人が来た時も2階には上がらないよう言っています。そういうことができるのもメゾネットのいいところですね。また外観が個性的なので、初めてくる友人にもすぐ見つけてもらえるんですよ。いまのところ不満はまったくありません。

 

ページTOP メゾネットとは ザ・借家誕生秘話  お問い合わせはこちらから 

 

ザ・借家誕生秘話

誕生から23年。
みなさまに支えられて、10,000戸の実績。

「ザ・借家」の誕生は1994年。
バブル崩壊、繊維不況、税制改正が重なり、賃貸住宅は空室だらけの時代でした。
だからこそ私たちはマーケティングを行い、入居者が望む新しい賃貸を開発。
そこから生まれた戸建て感覚の「ザ・借家」は入居抽選会を開くほどの大人気でした。
23年を経た現在も、入居率97%とその魅力は衰えていません。


 

悪戦苦闘の商品開発
ザ・借家物語

昔の近江商人には『三方よし』という考え方があったそうです。
私たちはこれを、お客様から教えていただきました。
入居者さんに喜んでもらい、施主さんは安定した不労所得が得られ、私たちも利益をいただける。
いい借家があれば、できること、とわかりました。

「借家のおかげ」

ということばが、いまも、たからものになっています。


 

二十年ほど前。尾張にとんでない大津波が訪れました。
それはトリプル不況。バブル崩壊、繊維不況、税制改正の波と、三つ重なった大津波でした。

アパートやマンションは空室だらけで、ガラガラです。
ひどい苦境に陥りました。
もがいた末に「アパートではダメだ」とわかりました。
どうすればいいかはわかりません。仲間が次々に去っていきました。

苦境の中で、ふと、農家をまわっていた頃に、年配の地主さんがよく言っていた言葉を思い出しました。

 

.........「借家のおかげ」

「借家があるおかげで、子供を学校に行かせられた。
魚や肉も買えた。生活ができた。借家のおかげ」と。

すでに住宅は余っている状態でした。
将来、若い人が減り、人口も減る。
その中でやっていけるのは、昔もいまも歴史的に継続している借家以外にはないと、確信しました。
さまざまな借家を見てまわり、研究しました。

家賃は値打ちな方がいい、建築費も安い方がいい。
難しいように思えましたが、大工さんの技術があれば、高い品質で、長持ちさせられることもわかりました。

入居者は騒音をとても気にしており、プライバシーを守れる一戸建てのような家に住みたがっていることもわかりました。

そしてできたのが、一・二階専有型のメゾネットタイプの建物です。そして商品名。

これは「借家」という名前以外に考えられません。みんなに反対されましたが、新しい時代の借家ということで「ザ」をつけて、「ザ・借家」というネーミングにしました。

愛知県一宮市で、第一号の建築が始まりました。木造の、一戸建てをつなげたような、ほとんど見かけない新しいカタチの建物です。最初は原価がうまく収まらず、赤字の工事でしたが、無事完成し、抽選会を開くほどの入居希望者が集まりました。自信がついて開発と改良を続けて行きました。

 その結果、一年を経過したころから、事業として先が見えるようになってきました。
尾張だけでなく中部全体へ、関東や関西へも広がりました。
いろいろな種類の借家をつくりました。

写真家のアラーキーさん(荒木経惟さん)がやってきて、
ザ・借家と、そこに住む人たちの写真を撮ってくれました。

一棟一棟、ソロバンが合うように、努力をし続けました。
つくる棟数が増えたことで、お値打ちな価格でやってくれる大工さんが増えてきました。
材料も前よりずっと値打ちに仕人れられるようになりました。


いまもお客様から教えられた

「借家のおかげ」

ということばが、珠玉の教えになっています。

あれから二十年以上が経ち、私たちのメゾネット賃貸住宅が一万戸を突破したいまも、変わっていません。

ザ・借家歴史写真

 


 ページTOP メゾネットとは ザ・借家誕生秘話  お問い合わせはこちらから 

参加ご予約フォーム

電話でのご予約
TEL.0120-01-48980120-01-4898
[受付]  9:30~18:30
ファックスでのご予約
FAX.0587-23-7790
24時間受付